【現実】ビルメンの年収はズバリ!薄給って聞くけど実際はいくらなの?

いまの仕事から転職しようかどうか迷っている人の多くは転職先の年収が気になるのではないでしょうか。もちろんビルメンも例外ではないですよね。

特にビルメンはインターネットなどで「薄給だから絶対に辞めた方がいい」と噂される反面、「ビルメンに転職してよかった!」と言う声も多く聞きます。

冒頭からぶっこんでいきますが、ビルメン (設備管理職) の年収は低いです。

もちろん所属している会社・現場によって年収に影響があるとは思いますが、やはり他の業種と比べると圧倒的に低いのがビルメン業界の現実です。

今回の記事では、30歳になって未経験で入社した系列系オフィスビルに勤務している私のリアルな年収を赤裸々に皆さんにお話ししていきます。

http://birumenz.com/wp-content/uploads/2019/08/momo.png

控えめに言って5兆円ほしいって毎年いってる気がする

ビルメンの平均年収って知っていますか?

はたらいく」より引用

2014年〜2015年で100職種別の年収を徹底調査したところ、「ビルメンテナンス 」の平均年収・月収は、年収 287 万円、月収 20 万円となっております。

転職活動をしていていると平均月収よりも低い金額で募集している会社がありましたが、派遣社員・ 委託社員としての採用を前提としている会社でした。

「嘱託社員」とは非正社員の雇用形態の1つで、契約社員のように有期の労働契約を結んでいる社員のこと。

もしかするとその影響で全体的に低めにビルメンテナンス業界の年収・月収の平均額が算出されているのかもしれませんね。

ビルメンズの年収はズバリ約 400 万円でした!

年収が約 400 万円、月収が約 28 万円となっております。「はたらいく」が調査した平均年収よりも多くもらっていますが、それはボーナスが関係しています。

実はビルメンテナンス業界ってボーナスが支給される会社の方が少ないんです。私が勤めている系列系会社では、計3ヶ月分ほどのボーナスが支給されます。

他のビルメンが執筆しているブログを巡回していると、月収などにあまり違いはなく、ボーナスの有無が年収にダイレクトに影響してくるのだと感じています。

転職活動を通して感じたことは、独立系よりも系列系の会社はしっかりとボーナスを支給してくれるのかな?と感じています。やはり入社するならボーナスがある会社がいいですよね。

【転職】系列系ビルメンをオススメする3つの理由【必見です】

ただ1つ驚いたことに1年に1度、昇給があるのですがその時の昇給額が 3000 円しかありませんでした。そのため2年目の年収もあまり変動しませんでした。

ビルメン会社って入社時にある程度、支給される年収が固定されてしまうのでしょうか。他のビルメンさんのお話をきいてみたい!

就業規則の等級にも記載してありましたがなかなか上がり幅はなさそうでした。

年収が高いビルメン会社を探すにはどうしたらいい?

もし年収が高いビルメン会社に勤務したいのであれば、手当が出るところに就職・転職した方がいいです。ビルメンは基本給が低いので手当で差をつけることが大事です。

  • 残業代
  • 資格手当
  • 宿直手当
  • 夜勤手当

ビルメン会社によっては、日勤しかない現場もあります。夜勤なら時間外手当がつきますし、宿直手当も4000円ほど支給されるため、月に8回あれば 32,000円ほど手当がつきます。

またビルメン会社に勤務しているビルメンが年収をあげたい場合は資格を取得することをオススメします。私も明け休みの日を利用して勉強の勤しんでいます。

私は「電気工事士2種」、「危険物取扱者 乙種第4類」をもっていますが、これらは手当が出ません。もちろん出る会社もありますが 2000 円程度です。

上位資格と呼ばれる「ビル管」、「電検3種」、「エネ管」を取得することで、それぞれ1万円ほど支給されます。その分、取得する難易度が高いです。

先ほども記載しましたが、入社時にある程度の年収が決まってしまうため、上位資格をひきさげてより条件の良い会社に転職するルートが正解のような気がします。

薄給だけど仕事内容からみると適正な年収?

ビルメンの仕事内容からみると400万円という年収でも十分にコスパがいいと感じています。未経験なのにこれだけもらえるのもありがたいですね。

私がまだ当たり現場しか体験していないからかもしれませんが、現状にとても満足しています。1日中パソコンしかしていないのにもらいすぎな気もします。

【現場】ビルメンの仕事って楽なの?とある1日に密着してみた!

また他の記事でビルメンに転職するメリットとしてあげているのは、「お金」ではなく「自由な時間」ということです。

私は前職で営業職をしていて、年収は同年代よりも多くもらっていました。しかし今よりも不幸せだったことを覚えています。毎日仕事に追われて家に帰宅すれば疲れて眠る日々。戻りたくはないですね。

ビルメンになってガツガツと働いて年収をたくさん稼ぎたい!というひとよりも、気楽に働いてお金をもらいたいというひとにはもってこいの職種だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です