ビルメンに向いてるひと、不向きなひと

某大手掲示板に「ビルメンは楽だよ」という書き込みをみて安直に考えたひとたちが就職しすぐに辞めるといったケースがあるみたいです。

私も営業職から転職して感じたのですがやはりビルメンという職種はサラリーマンとは違った部分がとても多い仕事だと感じております。

今回はせっかく転職したのに「やっぱりビルメンには向いてないかも」というようなミスマッチを防ぐためにビルメンの適正についてお話していこうと思います。

ビルメンに向いているひとはどんな人?

常に努力を惜しまない

ビルメンに転職した時は営業しか経験していなかったため、建築・消防・電気などの知識がなく、働きだしてから覚えることが多かったです。

入社前に「第2種電気工事士」や「危険物乙4」の資格を取得していたからといってある程度は分かるだろうと高をくくっていましたが専門用語も多く最初は困惑しました。

最初は工具や機材を覚えるのも苦労したので入社するまえに覚えておくと重宝されるかもしれませんね。(最初は “ビス” という言葉さえ分かりませんでした..ただのネジじゃないのか…)

ビス(vis)、「小ねじ」とも呼ばれるように、小さな雄ねじを指す。

また資格取得にも力をいれている企業が多く、昇格の条件として組み込まれていることも多いです。

建築設備機器を運転保守するに際して、法令で定められたひとをビル管理会社の従事者から選任する場合が多く、そうした意味から資格取得が推奨されています。

なかには資格手当だけではなく、選任手当もあるので資格はもっておいて損することはないのでどんどんと取ると良いと思います。

お給料が底辺でも耐えられる

正直にいうとビルメンは他の業種と比べて薄給です。世に名前が知られている大手系列系に勤務しているからといって平社員で600万円は超えないと思います。

わたしもビルメンは薄給だと頭では理解していましたが、給与明細をみて前職と比べて年収が100万円以上減っていたため悲しくなりました。

しかしビルメンは他のサラリーマンと違って明け休みを休日と換算すると200日以上あるため、それは大きなメリットとして感じています。

【速報】ビルメンの年間休日200日?これが最大の魅力です!【ニート復帰にオススメ】

汚れ作業・不規則な勤務

ビルメンの仕事はたまに汚れ作業があります。吐瀉物があれば清掃しなければいけませんし、トイレが詰まっていればラバーカップで解消しなければいけません。

たまに汚れるのがいやだからという理由で作業を拒否するビルメンがいますが、そうひとは長続きしません。

もちろん私もゲロやうんこを扱いたくはないですが、仕事だと割り切っています。潔癖症のひとはビルメンには向いていないので辞めたほうがいいです。

またビルメンの仕事は月曜日から金曜日まで働いて土日に休むような規則正しい生活ではありません。

現場にもよりますが、ほとんどが日勤や宿直のローテーションのため平日に休みになることが多いです。そのため友達との遊びの予定がなかなか合わないなどの弊害があります。

はたらくまえはなかなか友達と遊ぶ時間がとれないとおもっていましたが、宿直がある現場に勤務していますが休みが多いので問題ないですね。

協調性がない

ビルメンは点検や修繕など人より機械を相手に仕事をすることが多いです。しかしその後の対応策などをオーナーに報告したり、テナントからのクレームなどを対応するのに話をしなければいけないときも発生します。

わたしも働く前は「ビルメンって機械相手だし黙々とできるのか!」と楽観的にかんがえている時期がありました。

もちろん営業と比べると話す機会はめっきり減りましたが、 あまり誰とも会話をしない仕事なんてないと思い知らされました。

またビルメンの点検作業やクレーム対応の場合は、一人で対応することは稀です。なぜならばビルメンは交代制の勤務のため引継ぎをする必要があるからです。

案ずるより産むが易し|ビルメンは天国

始める前はあれこれ心配をするものだが実際にやってみると案外たやすくできるものだというたとえ。 【故事・ことわざより】

色々とビルメンの向き不向きについて書きましたが、とりあえず興味があるならビルメンになってみればいいと思います。

こんな記事を書いていますが、「未経験だけどいけるかな?勉強とか嫌いだしやりたくない」、「ビルメンってお給料安すぎだろ。生活できない!」、「冷暖房がきいた事務所で働きたい。」、「夜勤とかしたことないからしんどそう」と働く前は不安でたくさんでした。

いままでデスクでカタカタ仕事をしていたり、営業をして外回りをしているひとたちとは違う部分もあるので最初はビルメンになって戸惑う部分もあると思います。

色々と書きましたが、人間やればなんだって出来るんです。 少しでもこれからビルメンになりたいってひとの参考になればいいなと思います。(not 根性論)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です