【決定版】独立系・系列系ビルメン会社はどっちがいい?【転職】

ビルメンテナンス業界は大きくわけて「系列系」と「独立系」と呼ばれる会社に分かれています。(自社ビルメンもあるけどレアケースなので省きます)

ビルメンに転職しようとインターネットで情報を集めると必ずでてくるキーワードですが、会社の違いがわからないという読者もいるとおもいます。

私も独立系や系列系の違いなどを理解せずにビルメンたちのブログを読んでいましたが、転職するにあたってしっかりと学習しました。

今回は系列系と独立系ビルメン会社の見分け方などを掘り下げて書いていこうと思います。

系列系ビルメン会社とは、「親会社」があること!

簡単に説明すると、系列系とは「親会社」が存在することです。

大きな企業になると自社の建物やビルを子会社を作って自社グループに管理させる仕組みを作っているところが多く、外部委託よりも融通が効き、コストも軽減できるからです。

例えば不動産系なら親会社が不動産会社となります。不動産会社なのでビルや建物をたくさん所有しているため、その建物を管理するのが系列系ビルメンです。

系列系の主な会社

  • 三井不動産ファシリティーズ
  • JR東日本ビルテック
  • アサヒファシリティズ
  • 東急コミュニティー
  • 大林ファシリティーズ etc..

株式公開企業 ☑大手企業関連会社 にチェックを入れることで「系列ビルメン会社」を見つけやすくなります。


MEMO
ファシリティー【facility】の意味 企業内の設備・資源や空間などを、最も合理的、かつ効率的に管理し運用するための経営手法。

系列系会社は、親会社に模した企業名が多いためわかりやすいです。

系列系をオススメする理由【メリット・デメリット】

私も転職するときは「系列系ビルメン」を中心に求人活動を行っていました。実際に系列系ビルメンとして経験して感じたメリット・デメリットを書き出していきます。

お給料が高めに設定されている

大手企業の子会社ということもあってお給料は独立系よりも数万円高く設定されていることが多いです。独立系で未経験なら月給16万円なんて求人はざらです。

「ビルメンになりたいけど、お給料もそこそこ欲しい..」という方は、独立系ではなく、絶対に系列系ビルメンになった方が賢い選択といえるでしょう。

【現実】ビルメンの年収はズバリ!薄給って聞くけど実際はいくらなの?

福利厚生がしっかりしている

お給料自体は親会社とはベースが違いますが、基本的な福利厚生は親会社に準拠されているため年間休日が120日以上あったり、住宅手当や夏季休暇があったりします。

ビルメンって明け休みがあるけど、年間休日が100日しかないところとかもあるので転職する際は注意してください。だいたいの系列系は休日数も多いです!

【速報】ビルメンの年間休日200日?これが最大の魅力です!【ニート復帰にオススメ】

経営が安定している

大企業の子会社のため、親会社の経営が大きく傾かない限り倒産するような心配はありません。また突然契約を打ち切られるようなこともないので現場を転々とするような働き方もないため腰を据えて仕事をすることができます。

独立系の場合は、入札に負ければ「今年度で撤退することになった」なんてこともあるみたいですね。せっかく現場で覚えた仕事もふいになるのは嫌ですね。

合コンで少しだけモテる(オマケ)

http://birumenz.com/wp-content/uploads/2019/08/dadawa-1.png

大手企業の名前を冠しているのでそういうのが好きな女性にはモテたりします。(なお、年収はそれほど高くない模様)

系列系ビルメン会社のここが嫌だ!

事務仕事が多い

親会社がいるため、工具や事務用品を購入するために稟議書の提出を毎回求められます。仕方がないことですが小さなことでもお伺いを立てる必要があるので正直にいうと面倒くさいです。

またトラブルなどが発生したときも簡単な一次対応は行いますが、その後は専門業者を手配し修理をしてもらうことが多いです。そのため未経験から系列系ビルメンに入社した場合スキルがあまりつかないといわれています。

【現場】ビルメンの仕事って楽なの?とある1日に密着してみた!

管理職に昇格しにくい

防災センターにいるビルメンを統括するセンター長がいます。系列系ビルメンの会社の多くは親会社からの出向者が就任していることが多いです。

そのため転職してきたビルメンはいくら努力してもなかなかその地位に就くことが難しいとされています。いくら仕事ができてもそこだけは越えられないのかも。

独立系のビルメンとは ?つまり親会社がないところ!

系列系ビルメン会社とは逆に親会社を持たずに運営している会社です。独立系会社でも福利厚生が整っていたり・お給料が良い会社があるので一概に「系列系じゃないとダメ!」というわけではありません。

系列系と違って独立系ビルメン会社の特徴として主に入札や営業で管理物件を取ってくるため、ぎりぎりの金額で運営しているためお給料が安い会社が多いみたいです。

また他のビルメン会社との競り合い入札に負けてしまうと「今年度でこの現場の管理は他の会社に任せます」となり異動・転勤するはめになってしまうのがデメリット。

http://birumenz.com/wp-content/uploads/2019/08/momo.png

親会社がいると経営が安定するからオススメだ!

一方、系列系ビルメン会社が管理する現場は親会社が管理しているためそういうことは起こりません。そのため腰を据えて同じ場所で仕事をすることができます。

転職サイトで自分に合った理想的なビルメン会社を探すには

年間休日や福利厚生が整っている会社は圧倒的に「系列系ビルメン会社」が圧倒的に多いです。給料や待遇、福利厚生を考えるならばそうしましょう。

しかし系列系会社のデメリットとして独立ビルメン会社よりも現場での仕事が減り、事務仕事が多くなる傾向があります。

そのため未経験からビルメンになる場合は、独立系会社でスキル・知識をつけてから系列系会社に転職するのが合理的かつ最高のルートだと思います。

自分は未経験から系列系ビルメン会社に転職したのですが、正直にいうと入社してからスキル的な面でいうと成長はなく、素人に毛が生えたくらいです。(泣)

まずはビルメンに興味があるひとはどのような会社がどのような条件で求人を募集しているのかを確認してみるのがいいのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です